Categories
未分類

zoomに飽きたので、どうぶつの森で事業部会議をしてみた。

オリジナルテクストのハウスエージェンシー事業部は一日中会議ということも少なくありません。そんな事業部が今巷で人気となっている「あつまれ!どうぶつの森」(以下、「あつ森」と表記)を介して会議をやってみたらどうなるのか?
試しにやってみたレポートです。

ようこそ、我がアイランドへ!!

試しに事業部でやってみようと話になり、いざ筆者の島へ事業部メンバーである、通称「工場長」と「エアアルピニスト」へ召集をかけました。 しかし、お二人ともお子さんがメインであつ森をしていたため、まず接続するのに四苦八苦…。 筆者が対応している某システムのフリーダイヤル対応のように、操作方法を伝えても上手くできず、この企画はボツになりかけたましたが、なんとかお子さんのアカウントをお借りして無事3人島で合流することができました。

事業部会議召集!

本題の事業部会議を開催すべく、筆者の島の自宅へ案内。
事前にレイアウトを調整して、本物のオフィスに近づけてウッドテーブルと工具棚と、みんなの休憩処のハンモックイメージしたウッドチェアをセッティング。
我ながらオリジナルテクストのオフィスらしさに自画自賛。あつ森は自分で作り上げる島なので自己満足で良いということにしています。

会議は…?

本題の会議はというと、いつも通り案件の進捗などを話し合うのですが、テレワークになってから事業部会議はzoomを用いて行なっていたので、文字入力に時間がかかり、予定通りの進捗確認はできず。この画像は奇跡的に3人の意見がちゃんと噛み合ったシーンです。テンポ良く進めたい話し合いの場合には不向きかもしれません。そして深堀した話がしにくい…。案件の詳細を確認するにも文字数制限があったり、データのやりとりが出来ないというデメリットも。

リフレッシュタイム突入

身体を動かそう!

事業部の売上達成のためには、新規提案が大事となってきます。
机上の空論だけで物事を考えてしまうと、どうしても偏ってしまうので、一旦リフレッシュタイムとして、脳ではなく身体を動かしましょう。
ということでトレーニング部屋へ移動。テレワークとなった今、運動不足に拍車がかっているため作ったジムです。
サンドバッグが2つ、スピードバッグが1つという滝汗がかけそうな施設となっております。
サンドバッグに打ち込み1つのことに集中することが出来き、新しい発想が生まれそうです!

腹が減っては戦は出来ぬ?

会議に運動…と体力を消耗し、午後からの勤務に備えて外でバーベキューをします!
弊社はDIYer(s)のコンテンツ管理を行なっていることもあり、関連性の高いキャンプやアウトドアにも精通している方が社内にもちらほら居るので、バーベキュー好きが多いです。昨年の忘年会や今年の歓送迎会もバーベキューでした。ということであつ森の中でもバーベキューにしちゃいました。

1時間という枠を設け、実際どうなのかあつ森でやった結果はこちら

〈良い点〉
・いつもと雰囲気が違い、気楽な気持ちで会議が出来る
・発想に詰まったら、気分転換がしやすい
・チームメンバーとのコミュニケーションが図れる
〈良くない点〉
・会議の深掘りが出来ない(会話が対面よりしにくいため)
・息抜きが多くなりがち
・データのやりとりができない

というのが、今回事業部会議を行なった感想となります。
まだ筆者はあつ森を始めて3週間しか経っておらず(2020/7/7現在)、まだまだ初心者なので、あつ森の先輩である弊社デザイナーの島にお邪魔して、クリエイターのこだわり等を聞いてデザインの深堀りをしていこうと思います。